おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
おすすめ情報
おすすめ情報

マイホームを建てたならば、庭もきれいに作りたいものです。ただ何でも植木を植えればよいというのではなく、和風にするか洋風にするのかをはじめに決めましょう。
植木には、常緑の植物と落葉の植物があり、これらをうまく配置して庭づくりをしていきます。常緑植物とは、マツやツバキ、レッドロビンなどの冬になっても緑の葉を付けている植物のことです。
落葉植物とは、サルスベリやクリなどの冬に落ち葉になる植物のことです。常緑植物は、垣根などに使うと冬でも目かくしとして役に立ちます。
落葉植物は、夏に庭に日影を作ってくれ、冬には庭に太陽の暖かい光を入れてくれるので、温度調整にもなります。
和風に作る場合には、マツを中心にツツジやコデマリ、ツバキなどの花の咲く植物を植えてアクセントを付けます。日影にはナンテンなどの植物を植えるとよく育ちます。洋風に作る場合には、レッドロビンやコニファー(針葉樹)を配置して、バラやクレマチスなどの花の咲く植物を植えていきます。中央には西洋芝を植えてみると緑が引き立ってきれいな仕上がりになるでしょう。植物は肥料や刈りこみの時期など、それぞれに手入れの方法が違いますので、植える前に十分に調べておく必要があります。